*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不思議の国のトットちゃん
husiginokunino-tottochan.jpg

『不思議の国のトットちゃん』

大好きで尊敬している 黒柳徹子さん のエッセイです。
(何度か同じことを書いたかも・・・)

黒柳さんのエッセイは今回も盛り沢山の内容でした。

・トットちゃんのころから変わらない不思議で楽しいエピソード

・テレビや舞台での女優としての黒柳さん

・プライペートなこと

・ユニセフ親善大使として訪問された国々での子供たちの生活の報告


内戦が続く貧しい国に生きている子どもたちのこと・・・

内戦は終わったものの難民キャンプのようなところで暮らし、栄養失調で骨だけのような体になっていて
それでも弱音も吐かず 文句も言わず 
大人のあとについていく子どもたちの姿
そういう子どもたちを守るために命がけで働いている大人たちもいるってこと

黒柳さんが実際に目にした現状が書かれてあります。

もちろん黒柳さんの訪問も命がけです。

心から子どもたちの幸せを願い
子どもたちを愛しているのだということが伝わってきます。


かつて『窓ぎわのトットちゃん』をお書きになったとき
あらゆる映画会社・テレビ会社から、映画化・テレビドラマ化の話があったそうです。
有名な監督さんから直筆のお手紙までいただいたのだそうです。

けれど、黒柳さんは すべて お断りになりました。

それは「読んだかたの想像力を大切にしたいから」
ということでした。


一方でテレビの素晴らしいところもお書きになっていました。

ユニセフの視察で行った『アフリカの飢え』をテレビで放送したときのことで
あるお母さんからお手紙があったのだそうです。
「家の子は6歳です。クリスマスのプレゼントをサンタさんに入れてもらう靴下に、私も知らないうちに手紙が入っていました。『サンタさん アフリカにいってくらさい(下さい) ぼくは なにもいりません』。 クリスマスの朝、靴下の中にサンタさんからの返事が入っていました。『ありがとう アフリカに行ってくるよ』」
これがお母さんからの手紙。

この手紙を受け取った黒柳さんの喜びは大きく
なんて子どもってステキなんだろう
お母さんも素晴らしい
やっぱりテレビで放送することには意味がある
と実感されたようです。



ユニセフの 最もみんなから尊敬され 愛されていたグランド事務局長は
かつて、こう話されたそうです。

「昔はひどい惨状を世界に知らせる手立てがなかった。
そのために数多くの犠牲者を出してしまった。
でも、いまは、人々には知る手段があるのだから
知っていて何もしないでいるのは犯罪だと思う」
と。


黒柳さんの活動と祈りは続きます。

今日は雪。
寒い日に熱い気持ちになったのでした


そうそう
私は黒柳徹子さんのお母様の黒柳朝さん(チョッちゃん)も好きです。
チョッちゃんについては、また機会があったときに。。。



◆トットチャンネル
Secret
(非公開コメント受付中)

あたしもこの間、アフリカの子供たちのTVを見ました。
うちの子と同い年なはずなのに、あきらかに違う子達。
思わず涙があふれました。
しかし、助けたくても、現状は厳しく、
寄付をしても、実際に彼らに届いていないことが多いのだそうです。
実際に動いて、活動している黒柳さんは、ほんとにすばらしいと思います。

そして、靴下のお話・・。
子供の気持ちに、涙があふれました。

世界中の子供たちが、いつか笑顔で居られる日が来るように・・。
靴下の話、優しくってかわいくって
子供って純粋なんだなぁって。
自分のできることからちゃんと行動できる。
こういうお話やドキュメントを観たりして
考えさせられたりはしても、なにをどうしたらいいのかわからず
小難しいことばかり考えてそれで終わっちゃうんだよね。
この子みたいに難しい事考えず思うまま行動できたら…。
v-87(^-^)ゞどーもです!サラちゃ。
 映像で観るとすごく痛々しいよね。
 私も以前、黒柳さんがアフリカを訪問された時の番組を観たけれど
 ショックだったよ(。>_<。)
 「助けてあげたい」と思って寄付をしようと思ったとしても
 どこにしていいのかわからなかったり
 ちゃんと現地に届くかどうか不安もあったりする。
 現実に届いていない例もあったし・・・
 まだまだ踏み入ることの出来ない地域もあるみたいだし。
 (まだ内戦やゲリラが続いていて)
 
 靴下の話、私も感動してここに書いたの。
 子どもってすごいよね。
 
 ひとりでも多くの子どもたちが笑顔になるといいね。
 ちひろさんの絵のように。


v-87(^-^)ゞどーもです!りょうちゃ。
 サンタさんに自分が欲しいものをお願いせずに
 「アフリカにいってくらさい」って願うなんて。。。
 「ありがとう アフリカに行ってくるよ」って返事を書いたお母様。。。
 胸が熱くなりました。
 
 私も、なにをどうしたらいいんだろう?って考えるだけ。
 黒柳さんは「助けたい」想いだけで危ないところでも訪問し活動なさって・・・
 とても純粋で子どものような心を持った方なのでしょうね。 
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

シェリー

Author:シェリー

私のホームページ
ようこそ。

リンク
カテゴリ
過去ログ
探す
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。