*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「西の魔女が・・・」映画に。
ぶらり立ち寄った本屋さんで知りました。

以前、このブログで 私のお気に入りの本 として紹介した
梨木香歩さんの 『西の魔女が死んだ』
が映画化されたってことを。

西の魔女ーblog

w O(*・0・*)Ow オォ-

つい先日
大切なお友達に贈ったばかりなのでビックリしました。


「あの場所」が
どんな風に映像化されているのか気になって
予告編を観てみました。

う~ん… "σ(._.@)

けっこう素敵な風景!
なんだけれど、微妙?

本で読んでいると
自分の頭の中で好きなように作り上げてしまっているから。
「あの場所」だって
すでに私の想像で出来上がっているし。

なので映画の中で固定された人物や風景を見ると
少しギャップを感じてしまうかも。



けど気になる。。。


映画 『西の魔女が死んだ』 オフィシャルサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

大好きな本が、映画化されるのは複雑ですね。
『西の魔女が死んだ』は私も大好きな一冊です。
「アイ・ノウ」を聞きたいような、聞きたくないような!
映画を見て気に入ったら、絶対に原作を読んでほしい一冊ですね!!
私もイメージと大分違いました。ちょっとショックです。
頭の中で自分なりにイメージしながら読むよねぇ。
ろろがこの本読んだ時はねぇ・・
トラディショナルブリティッシュガーデンをイメージしてましたよ。
オフィシャルサイトをのぞいてみたら・・
あらっ!イメージとピッタンコっ!!
頭の中を覗かれた気分だわぁ。
この映画は是非とも見なければっ!
オフィシャルサイトをみたら、ぜひ見たい!
緑豊かな感じが、癒されそう。

でも、この映画、上映されるところがどうも郊外みたいで、
私の家からちよっと遠い。
本を読んだり、DVDで我慢しようかな?
v-87(^-^)ゞどーもです!野菜ママさまの娘さま。
 「アイ・ノウ」は大切な言葉ですよね!
 映画も素晴らしいとは思うのですが・・・
 複雑です^^;
 本屋さんで一番表に出ていたのにもビックリしました。
 とっても人気があるんだなぁって
 あらためて知ったのでした。
 
 
v-87(^-^)ゞどーもです!ろろ。
 トラディショナルブリティッシュガーデンだったんだ!
 ろろのイメージにピッタリなんだぁ。
 じゃぁ、映画を観なきゃね♪
 オフィシャルサイトではちょこっとしかわからないけれど
 なんか登場人物が・・・
 うーん
 微妙にイメージが違うかも^^;
 そう言いながらも映画を観ると
 すっかり映画のイメージになっちゃったりして?


v-87(^-^)ゞどーもです!azamiさん。
 自然がいっぱい!
 映像で見ながら
 こんなに綺麗な場所が本当にあるんだなぁって
 感心しちゃいました。
 癒されそうですよね♪
 私もDVD鑑賞になるのかな?
 最近映画館に足を運ぶことが少なくなってしまって・・・
 大きなスクリーンと素晴らしい音響で観られる映画館も
 魅力的だけれど
 家でくつろぎなかが観れるDVDも魅力的。
 一番のおすすめは原作本です(o^^o)ふふっ♪ 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
おっ♪今これ読んでるよw
映画化されてるんだぁ…。知らなかったわぁ(;^_^A アセアセ・・・
確かに原作読んで自分の中でイメージが固定されてると
それがピッタリくればいいけど、そうじゃないと
うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞって感じになっちゃうねw
でもどんな仕上がりになってるのかはかなり気になるなw
v-87(^-^)ゞどーもです!からてっち。
 細やかなお心遣い、ありがとうございます。
 またホームページに遊びにいきますね♪
 
 これからも ヨロシク(゚0゚)(。_。)ペコッ


v-87(^-^)ゞどーもです!りょうちゃ。
 (゜O゜)!
 今、読んでるんだぁ。
 私も 映画化されたってことは、この日知ったの。
 どんな仕上がりになってるんだろうね?
 やっぱり気にはなるなぁ。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
v-87(^-^)ゞどーもです!からてっち。
 返事が遅くなってしまってごめんなさい。
 見逃していたの。

 「西の魔女が死んだ」が店頭になかったとか・・・
 もう一度紹介して欲しいとのことだったので、簡単に書きます。
 新潮文庫から文庫本が出ていて作者は梨木香歩さんです。
 日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、
 小学館文学賞を受賞。
 
 主人公のまいは中学校に入学したばかりの頃
 おばあちゃんの元でしばらく暮らすことになります。
 そこで、まいは「魔女」になるための修行をすることになり
 その修行は、「なんでも自分で決めること」。
 魔女っていうのは、おばあちゃんのことで
 緑に囲まれて自然にあふれた生活が魅力的です。
 おばあちゃんのオシャレな言葉のひとつひとつも素敵です。

 よかったら読んでみてくださいね。 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

シェリー

Author:シェリー

私のホームページ
ようこそ。

リンク
カテゴリ
過去ログ
探す
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。