*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トットちゃん。
「窓ぎわのトットちゃん」

tottochan.jpg


初版本が出版されたのは1981年。
私はハードカバーの単行本で読みました。
そして「黒柳徹子」さんのファンになりました
本の挿絵に使われていた「いわさきちひろ」さんの絵も大好きになりました

ただ当時の記憶は曖昧になっていて(私も子供だったし)
もう一度読んでみたいと思っていました。

あの頃は月に一度だけバスの移動図書館が学校の近くにきていて、そこで借りた覚えがあります。

今では世界各国の言葉に翻訳されて世界中で読まれていたり
教科書にも使用されたり。。。



今回は文庫本を見つけたので迷わず買ってしまいました。

内容ははっきりと覚えている箇所と忘れている箇所がありました。
いつも元気なトットちゃん。
そしてトモエ学園のユニークな教育とそこで学ぶ子供たちのいきいきとした様子。
やっぱり感動しました。
そして黒柳さんの純粋さは今もそのまま。
やっぱりステキだって思いました。

けれど最後のシーン。。。
こんな終わり方だったんだぁ・・・ってちょっぴりショックでした。

黒柳さんが『窓ぎわのトットちゃん』の出版を決意されたのは
◆トモエ学園の校長先生とした約束をはたすことができなかったから。
 (トットちゃんが将来、トモエ学園の先生になるっていう約束)
◆印税をもとにして、耳の不自由な方々のプロの俳優による劇団を作り社会福祉法人にするため。
 (25年以上かかって「社会福祉法人トット基金」が発足)
だそうです。


・国際連合傘下のUNICEF(国際連合児童基金)親善大使
・社会福祉法人「トット基金」理事長
・社会福祉法人「あゆみの箱」理事
・世界自然保護基金日本理事
・ちひろ美術館館長
・東京フィルハーモニー交響楽団副理事長
・日本チャップリン協会名誉会長
・日本パンダ保護協会名誉会長

ポーランド政府からコルチャック賞
2006年、第54回菊池寛賞を受賞

とっても偉い人なのに全く変わらない黒柳さんを尊敬しています。

私が読んだ黒柳さんの本は「窓ぎわのトットちゃん」だけではなくって
その後出版された本も何冊か読んだのですが「なんて純粋な人なんだろう」って感心させられるばかりでした。


ちなみに。。。
「玉ねぎ」と称される髪型は・・・
大好きなマリー・アントワネットの髪型をモデルにしているとのことです!?
Secret
(非公開コメント受付中)

あのたまねぎの黒柳さんが本を!?
あら・・・・今初めて知りました^^;いけませんねぇw

しかもごめんねw本の内容よりも、「たまねぎ=マリーアントワネット意識」にw(゚O゚)w
そうだったの・・・・??Σ('◇'*)エェッ!?うそぉ~笑

私もマリーアントワネットは大好きですw
と言うか、当時のオシャレがひどく惹かれます^^
私もマリーさんのように、頭ぐるぐるにして、船のせようかなぁ~w
(美容史で習ったんだけど、当時はとにかく頭をでかく、
行き過ぎちゃう人は船の模型をのせたり、頭に公園作ったりしてたんだってさww)
窓際のトットちゃんwなつかしいですw
当時、凄く流行っていた本だったし、確かドラマにもなったよねw
いわさきちひろの絵は、昔からσ(・∀・`*)も大好きだったから、当時ほんとに気になっていた本でしたw(結局読むことが出来なかったですが^^;)
黒柳さんは、ほんとに多才ですよねw尊敬しますw
σ(・∀・`*)も今度、読んでみようかなぁw
私も黒柳徹子さん大好きです。
もちろん岩崎ちひろさんも♪
ちひろさんの絵をみるとついつい買いたくなります。
トットちゃんの本は、手にとった時は黒柳徹子さんの本だとは知りませんでした…。
すばらしい方なのに尊大でも、傲慢でもなく、すばらしい美徳の持ち主なんだろうなあ、と思って、ブラウン管越しに拝見しています。
懐かしいですね。
記憶違いかも知れませんが、お弁当に「海のものと山のもの」を入れること。
小児麻痺の子とトットちゃんが仲良くしているところが、印象に残ってます。
私も「トモエ学園」行きたいな~。
ろろも大昔読みましたよっ。
ベストセラーになりましたねぇ。
でも・・・どんな話しか忘れちゃったw
黒柳徹子の子供のころのはなしだよねぇ?
最後のシーン?気になってきた・・・。
いわさきちひろさん昔から大好きです。
6ヶ月のあかちゃんと10ヶ月のあかちゃんを描き分ける才能がすばらしいと聞いた事があります。
長野の安曇野に「ちひろ美術館」があります。
ちひろの書斎が広いお庭の一角にあり、お花畑が広がっています。
館内には昔読んだ童話が展示してあり、「ああこの本の挿絵ちひろだったんだ!」とあらためて見入ってしまいます。
お庭はとても広く公園のようですが、館はかわいらしくちひろのイメージにぴったりです。
e-15(^-^)ゞどーもです!ゆら。
 私もマリーさんの時代のファッションには憧れました。
 「ベルばら」世代なので^^;
 その時代のヘアースタイルのことを美容師さんはお勉強してるんだね。
 ファッションにおいても特別な時代だったんだね~^^。

 でも頭に船や公園って重そうだね!?


e-15(^-^)ゞどーもです!サラサちゃ。
 ちひろさんの絵とトットちゃんのお話に出てくる子供達の姿がダブって見えちゃうの。
 まるでこの本のために描かれた絵なの?って思ってしまうくらい。
 とても素晴らしい先生やお友達との出逢いが書かれてあるよ。
 そしておトットちゃんを見守るお母様の深い愛情も。
 おすすめです!


e-15(^-^)ゞどーもです!野菜ママさまの娘さま。
 「黒柳さん大好き」またまた同じですね^^v
 そして ちひろさん好き も。
 私もついついポストカードとか集めています。

 黒柳さんが出演されている番組を目にすると
 ついつい黒柳さんの一言一言に釘付けになってしまいます。
 そして失礼を承知で「黒柳さん」ではなく「トットちゃん」と呼ばせていただいています。(私の中では)


e-15(^-^)ゞどーもです!azamiさん。
 「海のものと山のもの」です!
 そして足りない子には校長先生の奥様が用意してくださるんですよね。
 障害を持っている子にも普通に接して、そして自然に手助けをしてあげて。。。
 「トモエ学園」私も行きたかったです。


e-15(^-^)ゞどーもです!ろろ。
 ベストセラーになったよね。
 黒柳さんの子供の頃のお話だよ^^。
 私も大好きだったのに忘れちゃっているところがいっぱいありました^^;
 大人になった今再び読んでみて あらためて好きになりました。
 最後はね・・・
 時代背景からして仕方がないんだけどね。


e-15(^-^)ゞどーもです!野菜ママさま。
 私も「いわさきちひろ」さんの特集番組で見たことがあります。
 淡い紫色にこだわったと聞いた覚えがあります。
 私も淡い紫色が好きなので驚いたのです。
 (紫を好む人は少ないと思っていたので)
 そして長野の安曇野にある「ちひろ美術館」!
 目の前を通りすぎたことがあるんです。
 妹と旅行に出かけたときのことでした。
 時間がなかったこと・岡山での「ちひろ展」に何度か足を運んだことがあったこと
 を理由に気になりつつも、立ち寄るのをあきらめました。
 そんなに素晴らしいって知っていたら絶対に訪れていたのですが・・・
 でもまた機会はありますね^^。そのときは必ず。
 
うわぁ~!懐かしい♪
σ(o^_^o)も昔読んだよ^^
でも、内容は忘れちゃった(;^_^A アセアセ・・・
なんせ小学生くらいだった気がするのw
とっても偉い人なんだねぇ。
なのに、あの天然っぷりというか、マイペースぶり・・・w
偉くなっても、自分らしいわ^^
なかなかできることじゃないよねぇ。
『今では世界各国の言葉に翻訳されて世界中で読まれていたり教科書にも使用されたり。。。』って具体的に参考になるデータを教えていただけませんか?今、卒業論文を書いて、そのことで悩んでいます。誰か、この私のメールに shiyu_prawita@yahoo.co.jp よろしくお願いします。
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

シェリー

Author:シェリー

私のホームページ
ようこそ。

リンク
カテゴリ
過去ログ
探す
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。